パターンジェネレータ

概要

計算機にインストールされた制御ソフトウェアからPCMデータパターン、及びSYNCパターンなどのパラメータを設定し、NRZ、RNRZ、Bi-φで出力する装置です。
出力ビットレートは100kbps~5Mbpsの範囲となっています。
また将来拡張用として、AESによる符号化も可能となっています。

パラメータ

Outputs Data、Clock(0° or 180°)
Minor Frame Strobe、Major Frame Strobe
PCM Code NRZ-L、Biφ-L、RNRZ-L(15)
Outputs Level TTL、RS-422(NRZ、RNRZ)、1 to 3Vp-p(OPEN)(Biφ)
Output Data Rate :100k to 10Mbps(NRZ、RNRZ)、100k to 5Mbps(Biφ)
1kHzStep
100ppm
Word Length 4 to 32bits
Bit Order MSB first or LSB first
Minor Frame Length 16384bits or 1024words(max)
Minor Frame Sync Programmable(16 to 33bits)(ロケーションはProgrammable)
Major Frame Length 1024 minorframes(max)
Major Frame Sync SFID(ロケーションはProgrammable)
PCM Data FIX/INC/SIN/Programmable(1major)

技術要素

ソフトウェア

アプリケーション Windows7、VisualC++2010、TCP/IP通信、FLASH ROM制御
ファームウェア Armadillo-460、Linux、I2C制御、TCP/IP通信

ハードウェア

DDS(ダイレクト・デジタル・シンセサイザ)によるプログラマブルレートクロック生成
FPGA(CycloneⅣ)
符号化処理(VHDL):AES、Randomize
プログラマブル・ポテンショメータを用いたPGA(プログラマブル・ゲイン・アンプ)

系統図

ページの先頭へ